本文へスキップ

アートラボは赤ひげ薬局の精力剤ショッピングを専門とするサイトです。

精力増強は果てしない道。

低下した精力を取り戻そすには、かなりの時間がかかってしまいます。早い段階で自分の精力が低下しているというのを把握してその対策をとっていれば、また違った話になってきますが、ほとんどの人が、完全に精力が低下してしまってから、自分の精力が低下したと気づくものなんです。

とは言っても、そんな低下した精力でも取り戻せないことはありません。しかし、暴投で言ったように、それにはかなりの時間がかかるという事を覚悟しておいてください。

精力の低下は男性ホルモンの低下

厳密に言えば、低下したのは精力ではなく、男性ホルモンの分泌量です。

男性ホルモンの分泌量自体は歳を重ねるとともに、次第に減少していくのはあたりまえのことです。しかし、著しく精力が低下してしまっている人は、この男性ホルモンが同じように著しく低下してしまっているんです。

「老化」と言えば、そいれまでのことなのですが、精力の減退で悩んでいる人だとそういうわけでにはいきませんよね。この男性ホルモンこそが、精力増強のカギなんですから。

男性ホルモンを増加させる

男性ホルモンを増加させることは、そこまで難しいことではありません。特に男の人であれば、少なかれ絶対に男性ホルモンは分泌されていますし、分泌する器官は働いているからです。

基本的に男性ホルモンは男の睾丸(キンタマ)で分泌されています。かなり、微量ではありますが、その微量だけでも精力に対して絶大な効果をあたえてくれるガソリンのようなものなんです。

要は、男性ホルモンの分泌を促してあげれば、それと同時に精力も促すということになります。これが、一番手っ取り早い精力増強の方法であり、根本的な解決へ導いてくれるのです。

男性ホルモンを増やすなら筋トレが◎

男性ホルモンの分泌量を増やしたければ、筋トレが一番効率的です。

そもそも、筋肉と言うのは男性ホルモンがなければなりたちません。男の人(女の人も同様)は筋肉トレや運動などをすると筋肉の細胞が壊れてしまいます。

壊れることは悪い事ではなく、「細胞が壊れる→細胞が修復・回復→細胞が大きく強くなる」というループを繰り返して筋肉は大きくなっていくのです。筋トレとはこのループを促している行動にすぎないのです。

そして、重要なのが筋肉細胞を修復・回復という部分で男性ホルモンが必要になります。ここで男性ホルモンが加わることで筋肉は大きくなるのです。

筋トレで男性ホルモンを増やすというのは、筋トレをして細胞を破壊して、男性ホルモンを必要とする状況を作り出すことに意味があるのです。もちろん、年齢によって男性ホルモンの量は減ってしまうので、上限は限られています。

筋肉をつけるにも10代後半〜30代までが一番盛りです。歳をとると筋トレをしなくなるというのもありますが、男性ホルモンの分泌量が絶対的に減ってしまうので、筋肉が付きにくくなるのです。

また、ボディビルダーなどは、ステロイドといって外部から男性ホルモンを注入するといったことをします。(あまりオススメされないことですが、、、)これは男性ホルモンが筋肉を大きくするためにどれだけ重要な役割をしているのかがよくわかる事例ですね。