本文へスキップ

アートラボは赤ひげ薬局の精力剤ショッピングを専門とするサイトです。

勃起力アップ

中年にもなると、自信の勃起に自信が無くなる人が多くなります。その多くは昔の自分自身と比較しての劣化によって自信喪失するようですが、勃起自体は年相応というものがあります。

もちろん、いくつになって思春期や20代のような勃起力を保てているのが理想ではありますが、どうしたって人間は衰えていくものです。そういった意味でも、年相応の勃起力を手に入れるように心構えをすれば、そこまで悩むものではないのかもしれません。

最近では、精力剤・勃起薬といった、勃起を促進させてくれる商品・アイテムも多く存在しています。ED治療薬(バイアグラなど)は医学的な裏付けがある”勃起を促進させることができる薬”です。

これだけ医療も技術が高まっているので、勃起力や勃起の低下で悩む男性・中年も少なくなっているのが現状です。現代では知っているか、知らないかで大きく差がつく時代です。

勃起で悩んでいるのであれば、勃起について、とりあえず知っておくことはあると思いますよ。

勃起力の低下は血流と男性ホルモン

勃起力の低下は血流と男性ホルモンが関係しています。

「年齢ではないのか?」という質問が飛びそうですが、年齢も関係あります。しかし、直接の原因ではないんです。

年齢=老化という現象です。老化が進めば血管も老化し機能が低下します。また、老化が進めば男性ホルモンを生成する精力器官の機能も低下します。これによって、勃起力が低下するのは年齢だ!という片付けられ方は全くもって不本意ですよね。もっと、年齢だけでなく、なぜ年齢を重ねると・・・という風に紐解いていくことが重要です。

血流によって勃起力低下

血流は勃起力を左右する重要な事柄です。

勃起と言うのは性器のスポンジ状のような部分に血液が集中することで成り立ちます。要は血液が集まることで勃起するわけですから、血液が運べない状況または血液が移動する上で少しでも障害があれば、勃起に対して影響が及んでくるのです。

それが血流になります。どれほど、性欲が増してムラムラしようが、血流が悪く性器に血液が流れない状況・流れにくい状況であれば、興奮があったとしても勃起が成り立ちません。

血流が勃起力を左右しているのはこういったメカニズムからです。

男性ホルモンは勃起のガソリン

男性ホルモンは性的興奮には欠かせない物質です。この男性ホルモンがバランスよく保たれており、なおかつ体内で多く分泌されていることによって性欲が増します。

そもそも、年齢を重ねると性欲が落ちていくというのは男性ホルモンの生成量が減ってしまうことで起こりえます。男性ホルモンの分泌は25歳を境に低下する一方です。これは男性ではあたりまえのような仕組みなのでしかたがありません。

もちろん、低下する曲線は個人差があるので、中年男性でも同じ年の人でも精力が高い人がいるというのはそういうことです。年相応よりも男性ホルモンを生成する精力器官の働きが良く、多く分泌されバランスがとれているからだと言えます。

男性であるな性的興奮がなければ勃起しないことは体で解っていると思います。もっというと、勃起力には性的興奮が深く関わっていることも認識しているはずです。

そうです!男性ホルモン=性欲=勃起力という流れなっています。

勃起力や勃起の元をたどると男性ホルモンの量であり男性ホルモンなバランスになります。もっと言うと、男性ホルモンを分泌する生殖器官(睾丸など)の健康や働きが重要なのです。